メンテナンスについて(2021-03-28)

2021年3月28日の午前9時21分から午前10時43分ごろまで緊急メンテナンスのためアクセスできない状態となっていました。

メンテナンスについて

2021年2月21日午前0時から午前8時にかけてメンテナンスを行います。

Call Kotlin method from Flutter(FlutterからKotlinのコード内のメソッドを呼び出す)

MainActivity.kt (Kotlin)

package (your.app)

import android.content.res.Configuration
import android.os.Bundle
import android.os.PersistableBundle
import androidx.annotation.NonNull
import io.flutter.embedding.android.FlutterActivity
import io.flutter.embedding.engine.FlutterEngine
import io.flutter.plugins.GeneratedPluginRegistrant

import io.flutter.embedding.android.FlutterFragment
import io.flutter.plugin.common.MethodCall
import io.flutter.plugin.common.MethodChannel

import io.flutter.plugin.common.MethodChannel.MethodCallHandler
import io.flutter.plugin.common.MethodChannel.Result

import io.flutter.plugin.platform.PlatformViewsController


class MainActivity: FlutterActivity() {
    override fun configureFlutterEngine(@NonNull flutterEngine: FlutterEngine) {
        GeneratedPluginRegistrant.registerWith(flutterEngine)

        MethodChannel(flutterEngine.dartExecutor, CHANNEL).setMethodCallHandler { methodCall, result ->
            val args = methodCall.arguments
            when (methodCall.method) {
                "method1" -> {
                    val number = 10
                    result.success(number)
                }
            }
        }
    }

    companion object {
        private val CHANNEL = "com.your.app.flutter/method1"
    }

}

Dart

static const platform = const MethodChannel('com.your.app.flutter/method1');

Future<void> _Method1() async{
    int _number;
    try {
      final int result = await platform.invokeMethod('method1');
      _number = result;

      setState(() {
        number = _number;
      });

    } on PlatformException catch (e)
    {
      setState(() {
        number = -1;
      });
    }
}

int number;

Widget ShowNumber()
{
  Text(number.toString());
}

_Method1() を呼び出すと Kotlin側のmethod1 -> {} が実行され、結果が Flutter側の result に戻ります。

String testString = “abc”;
platform.invokeMethod(‘method1’, testString); でtestStringを引数にできます。
Kotlin側の methodCall.arguments で引数を取得できます。

io.flutter.app.FlutterActivity の FlutterActivity には FlutterEngine が存在しないのでGeneratedPluginRegistrant.registerWith(this) ではregistできません。またMethodCall の flutterView の代わり(java では getFlutterView() )に flutterEngine.dartExecutor を使用します。

2019-12-05の時点で app/build.gradle 内で Cannot resolve symbol ‘GradleException’ が、MainActivity.kt で Unresolved reference: NonNull がそれぞれ赤字で表示されます。2019-12-07のAndroid Studio アップデートとFlutter Pluginのアップデートで表示されなくなったようです。

こちらのサイトの情報が参考になりました。

https://github.com/flutter/flutter/issues/41102
https://qiita.com/tasogarei/items/bf3761139d46c43d5896
https://qiita.com/unsoluble_sugar/items/ae42b5faf52a491f6470
https://flutter.keicode.com/basics/method-channel-java.php

Ubuntu で BIOS/UEFI の両方のモードで起動させる

外付けHDD、USBメモリーに Ubuntu 18.04 (MBR) をインストールして EFIブート を追加する方法

この記事は下書きです

フォーマットしてパーティションを作成します。GPT方式でフォーマットします。512MBytesほどFAT32をEFIパーティションとして確保し、残りをLinux ex4方式で確保します。
Secure Boot を無効にして Ubuntu 18.04 (MBR)をインストールします。「インストールの種類」でそれ以外を選択して任意のパーティションにUbuntuをインストールします。

Ubuntuを起動後、端末からgrub-efi-amd64-binをインストールします。

sudo apt-get install grub-efi-amd64-bin

/usr/lib/grub/x86_64-efi/ のファイルを /EFI/BOOT にコピーします。ここでは先ほどのディスクをsdb、FAT(EFI)をsdb1、Linux ex4パーディションをsdb2とします。

sudo mkdir /efi
sudo mount /dev/sdb1 /efi
sudo mkdir -p efi/EFI/BOOT
sudo cp -r /usr/lib/grub/x86_64-efi efi/EFI/BOOT/
cp BOOTx64.EFI efi/EFI/BOOT

Ubuntuを再起動します。さらにSecure Bootを有効にします。ブートローダーのメニューが乱れるかもしれませんがEnterを押して起動します。

起動後、端末から Boot-Repair をインストールします。

sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y boot-repair && boot-repair

修復を開始する前に /usr/lib/grub/BOOT ディレクトリーは削除されます。cp で別のディレクトリーにコピーしておきます。 /usr/lib/grub.bak が作成されますが万が一のために行っておいてください。
Boot-Repair (ブート修復) を起動して高度なオプションを選択します。GRUBの位置タブのデフォルトで起動するOSをsdb2に設定します。別パーティションに/boot/efiを構成をチェックしてsdb2を選択します。